転職を意識したら

医師の方に限りませんが、転職を考えたときに、まず自分の立ち位置が気になるかと思います。

世間ではどのような医療機関があって、どのような仕事が行われていて、どのような活躍をしているのか。
世界中に医療機関がありますし、地域によって医療の方法も違っていたり、考え方も違っているかもしれません。
国境のない医師団もあれば、僻地での医療、大学病院、地域密着の医療など立場もいろいろだと思います。

転職したい地域が決まっている場合は、その地域ではどんなものが求められているかを知る必要があると思います。
大きな病院なのか、医院なのか、診療所というのも違うと思いますし、勤務規定、条件、年収の相場、組織のことも知らないと困ると思います。

そして何より、自分自身がどのような医療に携わりたいのか、未来はどういった医師になっていたいのかを考えなければならないと思います。

公的病院、民間、クリニックといろいろありますが、地域の人たちにとってどんな病院かというのも考えた方がいいそうです。
地域の住人とその病院の付き合い方も考えた方がいいそうです。
患者の数もそうですし、病院の考え方、バランスも考えるべきだといいます。
時々問題になる、地域の人間からいじめられて医師が出ていくということもあるように、地域と病院の関係もよく調べた方がいいようです。
今後の医療機関の方向性や展望も医師の人生に大きく関わってくるといいます。

また、情報は日々更新されていると考えた方がいいそうです。
ちょっと前の情報では、話を間違ってしまう可能性もあるそうです。
自分が希望しているエリアで、相手側はどういった医師タイプを求めているのか、また、自分の特性を活かすことが出来るのかを十二分に吟味すべきだそうです。

コメントは受け付けていません。