医師も転職がしたい

医師が転職するというのは、どういうことでしょうか。
自分の主治医が他の医療機関に移るというのは聞いたことがあります。
とても困ってしまいますが、逆にカルテなどがあるわけですから引き継ぎは完璧になるような気もします。
また、せっかくドクターになったのですから、それを最大限に活かせる職場に移りたいと思うのも当たり前だと思います。
医療現場といっても、たくさんの種類があると思います。
施設によっては医療サービスも違うと思いますし、地域によっても求められることが違ってくるのかもしれません。
医療機関で働く人にも、人材ビジネスを展開しているところが多く存在しているそうです。
ハローワークもありますし、民間企業が展開しているところもあるそうです。
医療機関から求人の依頼を受けて、それを転職したいと考えている医師に紹介するというところは公的機関も民間企業も同じだそうです。
人材紹介会社というのは、求人を行う医療機関と転職希望医師との間で、雇用関係の成立を斡旋するサービスのことだそうです。
病院の中ではいろいろな職種の人が働いていると思います。
正規職員もいれば、人材派遣を通じて来ている人もいると思います。
私が入院していた病院は、仕事の内容によって制服の色が違っていたり、派遣で働いている人の職種が決まっていたりといろいろでした。
同じ職場でも敬語を使う関係だったりして、正規と派遣の違いが明確だったような気がします。
終身雇用という勤め方も今は少なくなってしまっていますが、大学病院などで医師として勤め上げるという人もそんなに多くはないと思います。
所謂、生え抜きということになるのでしょうが、別の大学で学び、ある程度勤めたら他の大学病院に行ったり、病院を開設したりといろいろあると思います。

コメントは受け付けていません。