転職に対するこだわりは何か

転職するときに、自分のこだわりを改めて考えてみるべきだといいます。
診療内容、資格、勤務環境、勤務条件、立地、家庭の事情と考えなくてはならないことはたくさんあるかと思います。
診療内容といっても、得意分野というものもあるでしょうし、携わりたい症例もあるかと思います。
また、患者数があまりにも多いところという病院があります。
同じ眼科でも、一日1000人越えというところと、一日に10人というところもあるかと思います。
白内障治療で有名な病院かもしれませんし、レーシックを専門をしているところかもしれません。
対応が可能な場合もありますし、必要であれば資格を取ってもいいと考えたりもするかと思います。
何を優先順位にするかで、自分の方向性も定まってくるかと思います。
チームワークを優先して選んだ医療機関があまり得意ではない治療方法だとしても、治療方法を修得しようという意欲があればいいと思います。
また、転職を考えるからには、現状への不満があるかと思います。
今の職場の上司が苦手とか、医療への考え方が違うとか、家族の都合で単身赴任状態になっているとか、転勤が多いとか、勤務地が遠いというのもあるかと思います。
また、やりたくないこともあるかもしれません。
それをコンサルタントに伝えるのを忘れないようにしなければならないそうです。
やりたくないといっても理由もいろいろあるかと思いますが、その理由についても伝える必要があるかと思います。
こだわりというのはとても大切で、転職の相談をコンサルタントにする場合には、しっかりとコミュニケーションを取りながら、こだわりを伝えて欲しいそうです。
そしてこのこだわりを理解してくれるか否かもコンサルタントとの相性になってくるかと思います。

コメントは受け付けていません。