転職のタイミング

転職をすべきかどうかを悩むのは当たり前だと思います。
そんなときに相談できるのが、コンサルタントだと思います。
医師という職業柄、時間は不規則でコンサルタントに行く時間がないという人も多いかと思います。
現在は、ホームページからの窓口も増え、時間を気にせず相談することができるようになったそうです。
コンサルタントとは転職への希望など、じっくりと話し合う必要があるそうです。
自分のこだわりや希望、気になるところ、方向性、そしてまだ自分ではまだ固まっていない意思など、コンサルタントと話し合うことで整理していくそうです。
そしてこういう話をしていると、噛み合わないコンサルタントや気が合わないコンサルタントということも出てくると思います。
そういった場合は別のコンサルタントに変えてもらうか、別の会社に変えたらいいと思います。
こうして自分の希望や方向性が出てきたら、希望に近い医療機関の情報を集めてもらい、そこから精査してもらいます。
コンサルタントは医師の代わりに医療機関の情報を探してくるわけですから、ここでは入念に話し合うべきだと思います。
もし気に入った情報があれば、もっと突っ込んだ情報を取ってもらって、さらに疑問点や質問をしていくという具合だそうです。
そしてその医療機関の現地見学や働いている人のインタビューを取ってきてもらったり、トップと面談ということもしたりするそうです。
受け入れ側の希望と自分の希望が折り合えば、就任先の決定ということになるそうです。
もちろん、ここで折り合わない場合は、一から他の医療機関を探すということになります。
ほとんどの場合、医療系の人材会社やコンサルタントに依頼すると、このような流れになるそうです。

コメントは受け付けていません。