面談した後は

面談を終えると、後は結果待ちということになるそうです。
転職希望の医師としては、実際に話しを聞いて、現地を見て、雰囲気を感じ取ることができたと思います。
一方で、医療機関側も面談したときに聞いた内容が自分たちに当てはまっているかどうかを考えるそうです。
医師は回答を出せばよいのですが、医療機関側はその規模や体質により回答をだすために二週間程度かかることもあるそうです。
組織が大きければ大きいほど、決済に時間がかかるということです。
また医師の方でも結果を出すのに個人差があるかと思います。
その場で決めるという人もいれば、家族と相談するということで時間を掛ける人もいるそうです。
回答する期間としては、一般的に二週間ぐらいということだそうです。
考えるのは悪くはないそうですが、あまり長い期間悩むというのは良くないそうです。
医師を募集している医療機関の方は、人員が欲しいわけですから、長く返事がないと他の医師を迎え入れている場合もあるそうです。
こういった場合を避けるためにコンサルタントと連絡を取るのが有効だそうです。
なぜ結果をだせないのか、何がネックになっているのか、どうして渋っているのかをコンサルタントに話すことは重要になってくるそうです。
そのようなことを聞いたコンサルタントは、医療機関に対してうまく立ち回ってくれるからだそうです。
話に齟齬があったりするのも避けることができたりするそうです。
また、人材紹介会社は、職業安定法に則って採用と就任の間には紹介者に対し勤務条件を明示する義務があるそうです。
医療機関と医師に条件を書面に整理したものを見せるそうです。
これに関する書類は「言った」「言わない」を防ぐため、医師にとってはとても心強い書類と言えると思います。

コメントは受け付けていません。