面談や見学

転職先の情報を検証するために、実際に病院を訪問したり、見学、面談ということになるかと思います。
この面談が転職を成功させるかどうかの鍵を握っているそうです。
面談の回数は一回から二回だそうです。
また、医師によっては非常勤勤務を経験することもあるそうです。
医師というのは面談に慣れていない人が多いそうです。
医療機関のトップとの面談になると、とても緊張しますし、若い医師となると、想像を絶する緊張感があるそうです。
面談というのはどのように行われるのでしょうか。
一般的には院長、事務長などとの面談となるそうです。
そのさい、面談担当者が同席するそうですが、まずその病院についての話になるそうです。
病院の成り立ち、地域の役割、これまでの取り組み、今後の展望などの内容が話されるそうです。
それから医師の専門分野である診療科目の動きや現状の話をするそうです。
面談に慣れている面談者の場合は、面談に来た医師のためにもっと突っ込んだ話をしてくれるそうです。
その後に歓談形式で面談をして、これまでの経歴を聞いたり経験、取り組んできた内容、転職先としてどのような医療機関を求めているかなどを聞いたりするそうです。
コンサルタントから予め聞いていても、実際に医師から聞きたいと思っていたりするからだそうです。
また医師がその医療機関に着任した場合、必要なものがあるかどうかを尋ねることもあるそうです。
転職を考えている医師が面談慣れしていないということもあるわけですが、迎える病院側の院長や事務方トップが面談が苦手という場合もあるそうです。
どちらも口下手だと話が進みませんから、そういった場合にコンサルタントが大活躍ということもあるそうです。

コメントは受け付けていません。