面談をするときの注意点

面談に行くと、その病院に就任しなければならないというわけではないそうです。

まず自分に合うか合わないかを確かめるのが大切なのだそうです。

医療機関の方も、合うか合わないか、希望に合うかどうかも考えたいわけですから、面談は確認作業と考えた方がいいようです。

コンサルタントが面談に同行する場合もあるのですが、コンサルタント抜きを希望する医療機関もあるそうです。

これは医療関係というのは、情報などが漏れることや秘匿すべき情報が多いからという理由があるそうです。

面談の医療機関にはいる前に可能な限り緊張をほぐしておくことが必要だそうです。

またその医療機関に興味があるという姿勢が大切だそうです。

それから情報に関しては、直接相手に聞くようにした方がいいそうです。

その情報に関しての質問を用意しておくことも必要だそうです。

相手の話をしっかりと聞くこと、そして相手の目を見て、ハキハキと姿勢良く受け答えをするということも大切だそうです。

基本的なことですが、緊張しているとその基本を守るのも難しいものだそうです。

患者さんと接しているときのような姿勢で面談するのが一番良いのですが、それもまた難しいかもしれません。

絶対にやってはいけないのが、マイナストークだそうです。

今まで勤めていた医療機関の悪口や非難はもっての外だそうです。

転職するからには、現状に不満があってのことなので、その不満を少しだけ言うのはアリかもしれませんが、その辺は、事前にコンサルタントと話し合って決めたほうがいいようです。

もし現在勤めている医療機関を非難したりすると、自分の病院も非難されたり悪口を言われるのではないかと感じたりするそうです。

悪口は心証が良くなることはないので、避けておいた方がよいと思います。

コメントは受け付けていません。