情報を分析するには

転職を考えた場合、インターネットで情報を集めたりしている人も多いと思います。
ネットで流れている募集情報というのは、ほぼ平均的なものを表しているそうです。
そのため、それぞれの医師に合うとは言えないそうです。
消化器内科が求人をしていて条件も良さそうだと内視鏡が得意な医師が応募しようと考えても、その病院が求めているのは肝臓を専門に診療できる人を求めていたというということもあるそうです。
募集要項と診療科目だけでは、本当に自分が転職したい、転職できる医療機関なのかどうかがわからないと言えるそうです。
また、1500万円という年収で公募されていたのに、面接を受けて条件をすり合わせるうちに、1200万円になってしまったとか、反対に2000万円になった人もいたりということもあるそうです。
募集広告というのは、全国の医師に発信されているものなので、記載自体は大まかなものが多く、悪い条件などは極力載せないというものだそうです。
なので、個別に対応したときに条件が変わったり、自分にとって悪い情報が出てきたりするのが逆に言えば当たり前と考えたほうがいいそうです。
コンサルタントを利用しても同じようなことは起こるそうです。
自分が何をしたいのか、何を求めているのか、何ができるのか、将来はどうなりたいのかということを論理的に分析することが必要だそうです。
コンサルタントのレベルによっては、発信した情報がうまく伝わらない場合もあるそうです。
うまく伝わらないからと怒る前に、コンサルタント任せにするのではなくて、自分の目で確かめるということをしなければならないそうです。
どんなに細かいことでも、コンサルタントと詰めておくということが大切だそうです。
何事も確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です