失敗したなと感じるケース

いざ転職してみると、人材紹介業者のコンサルタントからもらった情報が違うと感じることがあるそうです。
最初に提示された条件や聞いた内容と相違していたということがあるそうです。
勤務条件、診療科や病院の規模まで違っている場合もあるそうです。
そうなるとほとんど詐欺のレベルですが、これはコンサルタントの能力不足と知識不足からくることもあるそうです。
また、病院側の方も、一般内科医師が欲しい場合、専門性の高い内科医にその専門知識が地域に必要ということを熱弁を奮ったりするそうです。
もちろん勤めてみたら、そんな専門知識を持つ内科医よりも、一般内科医としての仕事に忙殺されることになり、「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうということがあるそうです。
「こんなはずでは」ということを感じたら、もう一度、紹介業者に相談してみたほうが良いようです。
これはコンサルタントがその内科医が持っていた専門性をもっと知っていたら起こらなかったことだそうです。
専門知識を活かしたいという希望があるならば、その専門知識が活かせるところを紹介するのがコンサルタントの役目だそうです。
そしてこれは珍しいケースではないそうです。
素晴らしい経歴に傷がつくような紹介をするコンサルタントが多いというのは怖い話です。
こうしたことを回避するためには、医師自身が情報を鵜呑みにしないこと、必ず現地を訪れ診療ブースや機材、オペ室などを確認すること、診療分野と勤務条件を考えてみて、果たして希望に本当にあっているのかどうかを考えることを意識して欲しいそうです。
これらは最低限ではあるものの、これだけでも「こんなはずでは」ということを防げるものだそうです。
もちろん一人で解決しようとせずにうまくコンサルタントを使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です