医師という職業とは

医師という職業はとても尊いものだといえると思います。
医師はなくてはならない存在です。
世の中のどんな職業よりも人々に幸せを与えることができる職業だと思います。
医師が転職する理由はさまざまあると思います。
親の介護のためにIターン、Uターンをする人もいると思います。
この介護をするための転職というのは珍しいことではないそうです。
スキルアップをするための転職もあるそうです。
大学の医局から留学、帰国する医師もいるかと思います。
その際、その大学で働き続けるという方が良いと思われることもあるかと思いますが、日本ではなく他の国への転職をする人もいるそうです。
自己満足のスキルアップであれば、最先端の医療ができる大学病院でもいいかと思います。
一方で地域のために貢献したいという理由のスキルアップもあれば、人類のために貢献したいというスキルアップもあると思います。
生活をより良くしたいというスキルアップもあると思います。
家族のために生きたいというのは、今では珍しいことではないと思います。
どのような動機でも、転職したいという気持ちがあればコンサルタントは相談に乗ってくれると思います。
ただ、すべての人に転職を勧めるわけではないそうです。
話を聞いた結果、医局に残ったほうが良いタイプの人もいれば、希望と合致する医療機関が無いという場合もあるそうです。
今は医師の世界は転職市場と呼ばれているそうです。
勤務先も自由に選べる時代でもあるそうです。
だからこそしっかりと自分を活かせる医療機関を選ぶべきだというのです。
コンサルタントからすると、医師として自分がどうしたいか、将来どうなりたいかを考えて、選択してほしいという願いから、闇雲に転職を勧めることはしないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です