転職活動は水面下でやる

転職したいと考えている医師で、周りに転職活動を行っていることを伝える人もいるそうですが、これはあまりお勧めできないそうです。
人材紹介会社に登録して、同僚たちと情報を共有していた人がいたそうです。
そしていろいろな情報を得ていたわけですが、中には誰が見ても良い条件というものもあるそうです。
そうした情報に触れた同僚医師が先にそこを受けてしまい採用されたということで、自分が応募することはできなかったそうです。
また地域によっては、転職希望者の情報を共有する場合もあるそうです。
たまたまある転職希望者が面談などで、要望することが多かったということも共有されてしまい、気難しい転職希望者として、採用を見合わせられたこともあったそうです。
単なる噂ですが、噂で採用されないというケースもあるということです。
他にも自分より先に知合がその医療機関に転職していた場合、悪い噂を流される場合もあるようです。
たまたまその看護師をきつく叱ったのかもしれませんし、機嫌が悪かったときの対応を取り沙汰されているのかもしれません。
そんなときにコンサルタントの力は大きいと思います。
個別の面談や相談、話し合いでコンサルタントが掴んでいる医師の人間性などを持って、噂に振り回される医療機関に話し合いをしてくれるそうです。
ただ、やはりあまり転職活動を表立ってしない方がいいというのは確かなようです。
いくら人間像が良くても、その前に悪い噂が立っていてはスムーズに行かないものです。
また、誰だって良い環境、良い収入で働きたいものだと思います。
よほど信頼している人以外は転職したいことを言わない方がいいようです。
横取りされてしまって恨み言を繰り返すよりも、水面下で転職活動を勧めるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です